*

タイピング(文字を打つ)スピードを上げて短時間で長文を仕上げるコツ3つ

公開日  最終更新日 2017/10/26 webライターのスキルアップ 1,089 views

タイピング

webライターならブラインドタッチができるのは当たり前のことですね。そして仕事を早く進めるためにはタイピングのスピードも大切です。

ということで今回は、私が実践してみて効果のあったタイピングのスピードを上げる方法と長文タイピングを短時間で仕上げるコツ3つを紹介します。

タイピングのスピードを上げる方法

タイピングのスピードを上げる前に知っておきたいことがひとつ。
それは、自身の現在のタイピングスピードです。

今あなたはどれくらいのスピードでタイピングしてますか?

わからない・知らない人は、クラウドソーシングで自分のスキルとして登録もできる無料のタイピングテストを受けてみましょう。

自分がどれくらいのスピードでタイピングしているか?を知れば、1時間でどの程度仕事が進んでいくら稼いでいるのか?が明確になります。

タイピングそのものが遅い場合

テストを受けてみてタイピングが遅いとわかったらこれはチャンスです。

タイピングが早くなれば仕事も早くなる=より稼げるようになる、ということですから、あとはとにかく練習あるのみ!ですよね。

タイピング練習用のソフトやサイトを利用して、ゲーム感覚で素早いタイピングのスキルを身につけるといいでしょう。

タイピングスピードと仕事をこなす量が合ってない

タイピングは早いのに仕事は遅い=スピードに対して収入が少ない、この場合、タイピング練習用のソフトやサイトはまったく役立ちません。

webライターとしてタイピングのスピードを上げたいなら、メールです。

メールは、決められた文言を書き写すのではなくその場で文章を考えて書きます。考えながら書いていたら遅くなってしまうものを早く書けるようになれば、webライターとしてのタイピングスピードは格段に早くなります。

お友達とのやりとりでもかまいませんが、タイピング練習のために付き合ってくれる暇な人もなかなかいないと思います。LINEなどの自動返信がすぐくるアカウントを探して、それに即レスしていくといいでしょう。

もちろん、パソコンを使って、ですよ。笑

長文タイピングを短時間で仕上げるコツ3つ

続いて、高い報酬に繋がりやすい長文タイピングについてです。

短時間で長文タイピングを仕上げるには3つのコツがあります。ひとつずつ順番に紹介していきますね。

書く前に流れを決める・つかむ

長文タイピングでもっとも重要なのは、話の流れです。起・承・転・結ですね。

ただし、webライターとして求められる長文は、結・起・承・転・結の場合が多いです。まず結論を書いて、なぜそうなるのか?を書いていくスタイルがほとんどですから、日記や小説とはちょっと違います。

クライアントによってはこの流れが細かく指定されている場合もありますが、大きなテーマしか指定されていなかったら、自分で作る必要があります。

これをせずにいきなり仕事を始めると、どんなにタイピングが早い人でも手が動かなくなります。逆にこれさえしっかりしていれば、どんなに長文でもタイピングスピードの通りに仕事がはかどりますよ。

頻出キーワードはコピペする

テーマとして指定されている単語や文言でもいいでしょう。その記事をを書く際によく使う言葉はコピーしておき、出てくるたびにペーストします。

そうすれば、何度も出てくるキーワードをいちいちタイピングする必要がなくなりますから、長文も早く仕上がります。

だったら「~です」「~しましょう」なども辞書登録しておけばいいんじゃないか?と考える人もいるかも知れませんが、それはやめた方がいいです。

“お決まり”の言葉を持ってしまうと、書く文章がどれも同じに見えてきてしまうのです。同じ文章しか書けないwebライターを、クライアントは使い続けてくれるでしょうか?

好きな長文の記事を分析する

自分のものでもかまいませんが、できれば誰か他人の記事がいいですね。読みやすい・わかりやすいなど好感の持てる長文記事を分析しましょう。

話の流れはどう動いているか・専門用語や難しい言葉を使う頻度・ひらがなと漢字の割合など、なぜ読みやすいのか?を自分で調べ、知ることで、あなたもそういう文章が書けるようになります。

クライアントから提示される参考記事はもちろんですが、他の人の文章を読まないwebライターは稼げるようになりません。でも、読めばwebライターになれるとか、長文タイピングが上手くなるということでもないんです。

他人の書いた記事を読み、どうしてこれが面白いのか?読みやすいのか?といった視点から分析し、そのコツを取り入れていくことが大切です。

まとめ

タイピングのスピードを上げる方法と長文タイピングを短時間で仕上げるコツ3つを紹介しました。いかがでしたか?

タイピングのスピードを上げる方法は、今からでもすぐに実践可能かと思います。webライターとして稼ぎたい人はすぐ始めてくださいね。

長文タイピングを短時間で仕上げるコツについてはどうだったでしょう?「じゃあ!」と今すぐできるのは頻出キーワードのコピペぐらいでしょうか。

あとの2つは身につくまでに少し時間はかかると思いますが、身についてしまえば鬼に金棒です。焦って今すぐできるようになったり、できないからってすぐ諦めたりせず、地道にコツコツやっていきましょう。

ちなみにここまでで約2100文字。
話の流れを決めるところから計算して40分ほどで仕上がりました。
1文字0.5円で計算すると・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

作業効率だけでなく報酬アップにも!今すぐ実践可能な集中力を高める方法

作業効率が上がれば利益(報酬)が上がるのは、webライターに限らずすべての仕事に言えることで

記事を読む

ココナラって稼げる?評判と販売・出品のポイント

ココナラの基本的なシステムとユーザーからの評判、そして稼ぐための販売・出品のポイントを教えま

記事を読む

時間単位でスキルを売る!タイムチケットはあなたの働き方改革になるかも

webライターのみなさん、今やっている仕事にどれくらいの時間がかかっていますか? 1記

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

枕で肩こりを解消できる?私が枕で肩こりを解消できた体験談

枕で肩こりを解消することはできるのでしょうか? できると

ママにおすすめ!子育てしながら働けるライター募集情報まとめ

ライター募集はいろんなジャンル・職業・属性の人が対象になってい

時間単位でスキルを売る!タイムチケットはあなたの働き方改革になるかも

webライターのみなさん、今やっている仕事にどれくらいの時間が

→もっと見る

PAGE TOP ↑